NEXT
HOME
HOME
NEXT
BACK
BACK
How well developed were your charactoers when the series started?
このシリーズが始まったときそれどれの役の特徴はどこまでできていましたか?
MC:全くできてませんでした。
RV:いや全くなかったね。ゼロだよ。私は決めたことはね、あなたの質問に基ずいて答えるとすればね。
全く背景が無かった訳だから、ジェームズ・ボンドをそのまま  やるわけには行かなかったからね。、
RV:まあ、アドヴェンチャーもありロマンテックにもしなければいけないので、少なくとも 
 スクリーン上で女性に対して魅力的に見えるようにしようと考えたんだよね。
出来うる限り外見も性格も女性に対して魅力的にとね。
そうすることでソロという役に対する溶け込みをより2倍深くできるかなと思ってね。
出来うる限り、ナポレオン・ソロを、格好良くて、チャーミングで魅力的な人物にしようってね。
DM:そうだよね。このシリーズの撮影を始めるのにね、入口を出たり入ったりするシーンをたくさん撮影したんだよ。
デルフロリアに車で乗り付けて、また車で出ていく。
そういうシーンを山というほどとって、他の場所でもね。
それをシーズンを通してあちこちで使うんだ。
それをするにあたってね、私は自分の着るものを、黒のスーツに白のワイシャツ、
黒のネクタイを基本にすることにしたんだ。たまに白のシャツの上に黒のタートルネックを着てまたジャケットを重ねた。
全シリーズを通して私が着たのはそれだけなんだ。
DM:だから3年半だっけ(RVに確認)
DM:ロバートは5分ごとに衣装を着替えてたんだ。
RV:うん、そう5分ごとにね。
DM:僕は全然着替えなくて済んだんだ。すっごく良かった。
RV:だからね、今、私はいつも家内と喧嘩するんだよ、着替えることについてね、
  私は今着てるままでこのままずーと一生暮らしても良いくらいなんだよ。
  だけど、彼女が着替えなさいと言うんだ。(笑)
最近わかったことなんだけど、アンクルの前にブレーク・エドワードの
パイロットをやったんだけどね。売れなかったんだけど、実際2回やったんだけどね。
ボストン・テリアという彼の番組なんだけど、共演した女性がいうには
あまり女性にアピールがなかったと言うんだ。
基本的にはその番組に対しては良いコメントが帰ってきてるんだけど、
これについては、否定的なコメントが多くてね、
「彼はすごく離れていて、ほとんどそこにいないような雰囲気だ」というようなね。
僕をそれをこのショウに持ち込むわけには行かなかったので、それを削ぎ落して、
他の要素を持ってきたのさ。
DM:でも君はいつもそんなに離れてもいなかったし、孤立もしていなかったよ。
(RVがありがとう、と言うように身をDMに寄せる仕草、可愛い!)

  
いつも君自身の世界にいてね、そこが、僕が君の好きなところだったんだ。
なぜかと言うとね、君は必ずそこに居るんだ、必要とされるときが来たときには絶対ね。
(RV:そう言ってくれて、ありがとう)
そして、そうじゃない時は君のことを心配する必要が全くないんだ。
自分の世界を持っていて、たぶんほとんど勉強していたんだと思うけど。

RV:そうだね、勉強してたよ。
MC:本当に感心してたんだ。
私の場合はね、自分の考えでイリヤを作って行けば皆がより魅力的に
思ってくれると思ってね。
いつもシェークスピアにもどるんだけど、それを捨てて作っていったんだ。
ある時、タイム誌がイリヤのことを「否定的気質」と書いたんだけどね。
その時、ああ、よかった、イリヤを作り上げるのに成功した、と思ったよ。