NEXT
HOME
BACK
HOME
NEXT
BACK
Were these challenging roles to play?
この役は難しい役でしたか?
DM:難しかったかって、いや、それはとても楽しくて、ゲームみたいなものだったよ。
RV:正確にいえば、難しいかったことは毎日仕事をしているなかでどうやってより楽しみを見つけ出すかってことだったよ。
RV:いや、全然むずかしくは無かったよ。
RV:実際のところ、40年以上もたったから告白するけど、1シーズン目の後はほとんどあまり台本に目を通さなかったよ。
  なぜなら、いつも同じ話だった、つまり、ミスターキャロルが、私をあっちに行け、あそこであの女性に会え、そして
  最後にまたボスに会う。
RV:途中でわからなくなったら、スクリプトガールに「これどういう意味」と訊いて、「ああ、そういうこと」
  て納得していたんだ。残りの3年はほんとうにそんな感じだった。僕は他のことでとても忙しかったから。
MC:でも出来上がったものを見たら、たのしかったよね。
   やってたことがつながって、これがそういうことになるのかってね。
RV:そうだね。ああ、こういうことだったの、僕が言ったのはこういう意味だったのかってね。
MC::僕はいまでもそうだよ。正直認めざるをえないけどね。