NEXT
HOME
NEXT
BACK
BACK
Did the writers toy with your natural fears?
脚本家はあなたたちのもともとの恐怖心をもてあそびましたか?
RV:僕はそういう風に感じたね。
DM:僕は、そういうことはなかったね。
   なぜそういう風に思うの?
RV:僕はある時、太平洋に飛び込まなければいけなかったんだ、
  岸が見えないくらいから相当離れたところでね。
RV:学生時代の友人で、第三シーズンの脚本アドバイサーだったジョン・ハケットは
  物凄く心配してね、僕が水に対して恐怖心があるだけでなく、泳げないのを知っていたから。


*このときのことをジョン・ハケットが発言しています。RVのスタンツに対する姿勢が述べられれいますので、
是非読んでください。どちらかと言うとあまりアクションをしていないと捉えられているようですが、真実はこちらです。
参照(The Man From U.N.CL.E book 第16章 訳文まだ一部)
RV:僕は海に飛び込んで、その後誰かが、僕をつかまえて引き上げてくれたよ。
DM:そうだよね、もし泳げないんだったら。水が怖いと言うのも当然だよね。
RV:いや、僕はプールの真ん中から、縁に向かって泳ぐことはできるんだよ。
DM:そうだね、だけど太平洋だと話が違うよね。
RV:大きなプールだからね、僕には太刀打ちできないよ。。