NEXT
HOME
NEXT
BACK
BACK
How influential was George Lehr in the production of the series?
番組制作におけるジョージ・レアーの影響力はどのようなものでしたか?
DM:彼はポストプロダクション担当でしょう?
RV:彼はそうなんだけど、全部関係していたよね。
  パイロットから最後のエピソードまで全部手がけていたよ。
DM:多くの人が気がつかないんだけれども、脚本、俳優、カメラ、ライト、セット、
  を用意して、撮影するでしょう。
DM:それは、そうだね、何て言ったらいいかな、作品の50〜60%にしか過ぎないんだよ。
  残りの40%がポストプロダクションなんだ。
DM特に今日のポストプロダクションの人たちがする作業は
  驚くほどだよ。音声、変更、ダビング、音楽、効果、ネガ、色のバランスなどなど
  ものすごい膨大な作業だよ。
DM:それで私が覚えている範囲では、ジョージは完全にこの責任者だったよね。
RV:そうだね。
RV:彼は共和党員でね、ベトナム戦争を支持していたんだ。僕が反対していたね。
RV:僕らは上手くやっていたんだけど、最後の1、2年は、
  「君は外へ出て行って何を言っているんだい?」と聞くので、僕のスピーチを渡したんだよ。
  そしたら、スピーチの脇にいろいろと批評を書き込んでね、この日付違う、これは間違い、
  などなど話し合ったことが2、3回あったかな。
  でも戦争のこと意外ではとても仲が良かったよ。
DM:サウンドルーピングがあったよね、技術面で興味がある人に言うとね、
   今はズーット、ラインが目の前にあって、ヘッドホンをして、会話の部分を変えたり修正したり
   するんだけど、当時はサウンドルーピングだったんだ、
DM:サウンドルーピングの中に入ってくとね、たとえば聞こえるのは「今日は何をしてるの?」
   そしてそれをその通りに言うんだ「今日は何をしているの?」
   そしたら、次のループって具合にね。もの凄い勢いで走って行ってやっていたよね。
RV:そうなんだよ、急いでやっていたよね、それでついにサウンドプルーフのトレーラーを作ったんだよ。
  セットの裏にそれがあってね、中にはサウンド係のフレッドがいて、今デビィッドが言った
  その通りのことをしたのさ、
RV:中には本当にサウンド設備以外はなくてね、そうして、また次の
  セットにトレーラーを動かすのさ。
RV:そんな風に、いつも次から次と、急いで急いでやっていたんだよ。