家にハリーが戻ってくると、そこには謎の美女が。。。  全く動ずることなくさりげなく飲み物をまた作って上げ、先に相手の誘いに乗ってキスをするところが、いかにもハリー。(え?これってハリーですよね、ナポレオンではないですよね?)(笑)こういう美女のお誘いには両方とも断れないのでしたね。
 さて、プロテクターは今回アメリカ政府からベネットなる人物の救出を依頼されたのですが、その美女は彼はもう死んだのだから探すな、と警告に来たのです。実は彼女は医者でそのベネットから情報を引き出そうとしている組織の一人であったのです。今回は冒頭から行動がどうもソロっぽいと思っていたら、なんとコンテッサの靴ひもが電気コードになったり、かかとからバーナーセットがでてきたりと、これも今までにない展開、そしてさらに最後は、ナポレオンの棺の見学とそのレプリカまで持たせると言う、絶対にナポレオン・ソロを意識したエピソードとしか思えません(笑)

それにもう一つ、病院に潜入するためとはいえ、ハリーがポールを殴るシーン、どこかでみたことあるような。。。そうですよね、「マシンガン・ソロ」で尋問を受けた後の留置所でソロがイリヤをわざと殴るんでしたねぇ。ここまで、似てる!
ヴォーンさんの帽子姿と、パリの街並みが見もののエピです。個人的には、美女とキスをしているときのハリーのうなじに伸びる髪の毛が色っぽくて。。。(笑)

 
Season1-18:One and One Makes One
変身と拷問(日本:10話)
Home
Back