NEXT
HOME
BACK
撮影中に笑いだしたことはありますか?
ある時フォークリフトを運転した時のことを覚えているよ。私はブレーキを踏む代わりに、アクセルを踏んでしまってね、セットにそのまま入ってしまって全部を壊してしまったんだよ。私とロバートがそれを見て面白がっている写真を今でも持っているよ。
そういう事が起きるものでね、マーセル・マクテルは私が唯一顔の周りに弾丸をセットするのを許可した人でね、プロの特殊効果では一番偉大な人だった、だから彼をとても信用していた。
でも、あるとき私は手にボーイーナイフを持っていてね、それを投げて、ロバートの頭の上にあるロープを切る段取りだった。もちろんそれはワイヤーを使って、引き金を引くとワイヤーを伝わってナイフが飛んでいくはずだったんだよ。
ところが、ワイヤーが壊れて、ナイフはコントロールを失って、勝手に飛んでいった。
ナイフはロバートの耳の横に突き刺さってね、あの一瞬を一生忘れないよ、だって2インチずれていたら、「アンクル」は別の終わり方をしていただろうからね。そして、ロバートはそのまま落ちて、読書に戻っていたんだ。
あるときスタントマンがスピードボートに引かれる事故もあってね。そう言う記憶がポツポツと点在しているんだ。
NEXT
BACK
HOME