NEXT
HOME
BACK
演じる上での哲学はなんですか?
アンソニー・ホプキンの素晴らしいインタビューがあってね、演じるときの準備についてきかれて、「もう十分長くこの仕事をしているから、台本を読んで、セリフを覚えたら流れにそってやるだけだよ。基本的にはそういうことだよ」とね、
私もずーと、そういう風にしてきたと思うよ。止まることのない線路に沿って走るのだけれど、走りながら学んで行くんだよ。セットや舞台に出ると、一瞬我を失うのだけれど、ベースがあるから、全ての動きをみながら、すぐに学び取るんだ。
当時でもそうしてたけど、学ぶというプロセスはいつも起きることだけれど、同時に基本というものを持っている、特にこのシリースの場合、ロシア人という設定だったから扱い安かった、セットに入ったらスィッチを入れて、出るときにはオフにするんだよ。
シリーズの間に試みたことだけれど、最初は言葉をロシア風にしてだんだんと時が立つにつれて、アメリカ風にしていったんだよね。
NEXT
BACK
HOME