NEXT
1963-64年NBCで放送されたシリーズ。
Vaughnの初めてのレギュラー出演TVシリーズで、主役のライス中尉の上司、ランブリッジ大尉を演じている。
この時主役のゲーリー・ロックウッドの26歳に対し、ヴォーンは31歳であるが、かたぶつで頑固な大尉の貫禄十分である。
製作はノーマン・フェルトンのアリーナプロダクション、製作と脚本はその後大ヒットシリーズの「スタートレック」を生み出す
ジーン・ロッデンベリーで、冷戦時代の不安定なバランスの平和な時代の海兵隊中尉の青春と日常を描いたもの。
Vaughnの他にリチャード・アンダーソン(6百万ドルの男)やジェームズ・グレゴリー(サイレンサーシリーズ)などが準レギュラーで
出演し、他にもビル・ビクスビー、エディー・アルバートなど当時活躍中のスターが数多くゲストとして登場している。
このシリーズは残念ながら1シーズンだけであったが、その後それぞれが次作品でスターとなる足がかりとなった作品である。
特にVaughnはこのシリーズの撮影時でのジョークを言っている様子がノーマン・フェルトンの印象に残り、
翌年の新シリーズ「0011ナポレオン・ソロ」で大センセーションを起こすこととなる。
ナポレオン・ソロシリーズ以降は、複雑なキャラクターあるいは悪役を演じることが多くなるVaughnにとって、堅物だが、
心の温かい部下思いで、、女性にはちょっと不器用で誠実なたたき上げの軍人男性という、かなり珍しい役柄を楽しめるシリーズである。
このまま経験を積むと、後のウェーバリー課長のイメージになるかもしれないと想像してみるのも楽しい(笑)
BACK

episode14

NEXT
BACK
HOME
Episode4&5