えー、残念ながら、今回のエピにはハリー・ルールは全く登場せず、コンテッサが一人活躍します。
なので、このエピとしてのヴォーンさんのキャプチャーがないので、それはこのホームページの趣旨に反することなので、オープニングの映像をここで、載せてしまいました(笑)
このプロテクターズの何が格好いいかって、このオープニングほど格好いいものはありません。特に日本語版では、浦野さんのナレーションが入りワクワク感倍増しています。私は何と言ってもハリーが銃をホルスターに入れ、それを覆うように「ピッ」と上着を引っ張る仕草がたまらなく好きです。
ストーリーは、コンテッサがアメリカ人実業家が、イタリアに絵の勉強にいった息子の様子がなんとなくおかしい、親の直観のようですが、それを美術品収集家でもあるコンテッサに調べて欲しい、というもの。息子さんはジョージという男にすでに殺され、ジョージが成りすましていることにコンテッサが気づくのに時間はかかりませんでした。ジョージには共謀者の女性がいて、二人で逃亡する直前にプロテクターズ(コンテッサが別の人を応援に頼んだようです)に処分されます。

Home
Back
Season2-33:Good-bye George
ベニスに消えた男(日本:43話)